(略)タンス「タンスの角に小指をぶつける不慮の事故撲滅協会北海道営業所」、略して(略)タンス。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | OTHERS |
異動
しました。そういえば。うっかり忘れてた。1〜8日までが休暇で9日が誕生日だったんで。おめおめ自分。

今まで豆腐と納豆を投げていた場所が戦場の最前線なら、今度は完全な後方部隊に移りました。
畑違いどころか国レベルで違うことをし始めたので、現状2日目にして既に心折れかけて脱力感でフラフラしてる。今日は乗り換え駅と下車駅を数回間違えてかなり遠回りして帰ってきた。そして、駅からの帰り道、夜道で薄暗い中をすすり泣く声を響かせながら歩いているので、通りがかりの人が可哀想でならない。本当にスイマセンご近所さん…幽霊とかじゃないんで、あの。今日もOL風の人が足早に横を過ぎ去っていった…。


元々の話として。私、人前に出て何かするとか目立つとかが苦手というか、心の底から大嫌い(お調子者の気はありますが)で、高校入学時の自分の中の目標は「自分から人に話しかける」にしたくらいに10代の終わり頃まで割と内弁慶で人見知り全開だったんですよ。ね。部活のパートトップをやるって自分で言った時なんて高校受験の面接より緊張した。そして次の日寝込んだ。

でもそれじゃぁダメだと思って、大学に入った時に殆ど無理くりにキャラ構築と性格矯正をして、現状のアレが出来上がった訳です。今でも人と目を合わせて話すと怖くて気持ち悪くなるし、知らない人がいるところに長時間放り込まれると嘔吐恐怖症で吐けないのに吐きそうになったりしてるくらいなんですが。生まれ持った性格は治らない…。

で、ですね。今度の後方部隊っていうのが、後方の癖に人前にガンガンガガン出ていく部署でしてね。うん、あれだ、「人」の「事」についてやるところなんだ。そして学校関係に赴くんだ。あとは察しろ。
○○グループって書いてあるのに担当者が私しかいなくてですね。しかも数年ぶりにやり始めたことで、前任の先輩がいっそ惚れてしまうほどにサッパリザックリバッサリな性格の方で何よりまぁ仕事がとても出来る方で、新しく着いたマネージャーとしては私にガンガン質問とかをさせて自主性を重んじたいっぽいのですが、現時点で最悪なことに、全て実践でファイトー!と叫びながら体当たりで切り込みつつ、基本的に自分で勝手に覚えてね(上司)も忙しいから聞かれたら教えるからさって感じで、冒頭の配属2日目でめでたくご近所の幽霊化の話になります。

なんだろう。何がわからないのかわからない。いやきっとアレもこれもわからないんだけどさ、どういう風にわからないのかわからないっていう。何この哲学的状況。
自分が何がわからないかわからないから、どう質問していいかというよりも、何を質問するか、何故質問するかについてが全く見えてこない。何この仕事めっちゃ意味不明じゃん。イメージが霧の向こうで輪郭が辛うじて見えてる程度。



今日は現場に駆り出されるまで、割り当てられたデスクに残ってた引継資料に何があるかを分類と整理と把握をして、何から手をつければいいかを今後の業務日程と照らし合わせながらまずは自分なりに検討しました。こんな程度のことしか出来ない…あと頑張って読み始めた資料が日本語なのに日本語として認識出来なくて、頭に殆ど入ってこない…一応働いて4年目なのにね…クズが何でここに来たのか、何でこんな大事なことをクズにさせてるのか、今頃部長とマネージャー後悔してるだろうな…ははは…はぁ…。
| 22:38 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by n |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tanishi.march.lomo.jp/trackback/870584
<< NEW | TOP | OLD>>